美容や健康に良い青汁


青汁とは

青汁は、美容や健康、ダイエットなどにも効果的といわれ、手軽に摂取することもできるので人気が高まっています。健康の基礎は毎日の食事であり、栄養が偏っていたりバランスの悪い食生活を続けていたりすると、健康を損ねることにつながります。現代の食生活は慢性的な野菜不足になってきています。

そこで、厚生労働省は、現代人は1日に野菜を350g以上は摂取する必要があるとし、そのうち緑黄色野菜は120g以上としています。青汁は、おもに緑黄色野菜の絞り汁のことをいいます。

青汁の創始者である遠藤仁郎氏は、1943年、戦時中の食糧難で大根葉やサツマイモの葉、里芋の葉などの緑黄色野菜を食べることを思いつき、それらの栄養素をできるだけ壊さずに乾燥させて必要なときに食べるという緑葉末油煉を創案しました。ジュースの青汁ができたのは1944年で、三つ葉の葉を絞ってジュースにしたのが始まりで、生の緑の葉を多く食べることが大変ということで思いつきました。

人々の健康志向が高まるにともなって、さまざまなメーカーがさまざまな品種や効能の青汁を開発し商品化しています。青汁には、生の絞りたての青汁をその場で飲めるジューススタンドや、保存や携帯に便利な乾燥青汁製品があります。乾燥青汁には、顆粒状のものや粉末、絞り汁を冷凍したもの、粒状、フリーズドライタイプなどがあります。そのまま飲むのは勿論、牛乳や果物ジュースなどに混ぜて飲みやすくして飲んだり、料理やお菓子づくりの際に混ぜたり、ふりかけにしたり、幅広く応用ができます。

○特選サイト
色んな種類がある青汁ですが、こちらのサイトでは商品別に効果などを比較して紹介しています・・・青汁比較サイト

青汁の原料

青汁は、一般的に栄養価の高い緑黄色野菜を使用してつくられています。使用される原料によって得られる効果は異なってきますので、自分の求める効能にあった原料でつくられた青汁を選ぶと良いでしょう。【ケール】キャベツの一・・・

青汁の選び方

【桑の葉】古くから漢方薬にも使われており、DNJという成分がインスリンの分泌を抑える働きがあります。糖尿病の予防や脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があるので、ダイエットにも効果的です。ほかにも利尿効果、肝臓機能向上・・・

青汁の重要性

青汁の主成分である青い野菜は、血色素をつくるのに欠かせないものです。心臓に負担をかけることなく、血液が身体の隅々まで流すことができます。そのため、血液が正常化し心臓も楽で顔の色ツヤが良くなります。赤い血液・・・